1、「飽食の時代」である現代にも栄養不良が存在するが、その形は昔とは異なる。[量]の不足ではなく、微量栄養素についての「質」の貧しさの問題である。

2、メジャー首相の下院での公聴会で明らかになったのは、イギリスの著名な科学者と医師自身も、栄養補助食品を自分では使用しつつ、建前としては否定している。

3、現代人は全て食物連鎖の無責任「実験計画」のモルモットである。品種改良した農作物の長期安全性テストはされていない。農薬の危険性についてはベトナム戦争で明らかになっている。環境ホルモンによって我々の将来は奪われるのか?

4、加工食品の「隠されたカロリー」はどこへいくのか。 結局はガードの甘い消費者が「ツケ」を払わせられる。耳に快いコマーシャルをそのまま受け入れるか、それとも不必要なほど神経質な消費者になるか?選択には「賢明な知恵」が必要である。

5、今こそ栄養について真剣な再点検が必要ではないか。特に消費者としては賢明にならなければ、自分自身と自分の家族の健康を守れない可能性がとても大きい。

第一章 ビタミン剤は高価な小便か?

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販