1、健康な人々にとっても抗酸化食品の摂取は望ましいことである。特に、ある年令以降はミトコンドリアの産出するエネルギーも低下し、体内で自己生産するグルタチオンのレベルも低下する。従ってその補強は望ましい。グルタチオンの生産レベルは健康のバロメーターである。

2、次の(3)のケースのような特定の場合を除き、抗酸化食品は単独では効果が少ない。製薬会社的アプローチの遺物と言えよう。結局のところ、抗酸化食品の特徴はそのチームワークにある。単独プレーは場合によっては危険さえ伴う。

3、特定の国あるいは地域における特定の栄養素の不足に対応する場合にはこの限りではない。はっきりと判明している特定の栄養素の不足に対して、特定の栄養素を、例え単独であっても、補助摂取するのは当然である。

4、インドの伝承医学アーユルベーダのアミール・カラッシュ「不老の鍋」を化学的に分析した結果、さまざまな抗酸化物質の組み合わせと判明。数世紀にわたって積み重なった人類の知恵の賜である。その抗酸化物質の総合摂取量はSONAのレベルをも超えると思われる。

第五章 第5章のまとめ

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販