運動選手の平均寿命が短いわけ

理論的な説明をすれば次のようになります。過度な運動が作り出す活性酸素に対して体内の防御システムが追いつかないという事です。喫煙の場合と同じです。この理由を原因とする心臓疾患やガンによる死亡率が高いのはまぎれもない事実です。今日の運動選手の多くが、抗酸化栄養補助食品を用い始めたのはそのためです。中には非常に高レベルの補助食品を摂取する選手もいます。これを「タンキング」と呼んでいることはすでに述べた通りです。生命保険の「保険証書」として栄養補助食品が使われるだけでなく、実際このような抗酸化食品を栄養補助食品として用いると、運動に付き物の競技後の筋肉痛や張りが少ないという「歓迎すべきオマケ」もあると報告されています。疲労からの回復時間も短くなるとのことで、これこそが、オリンピック選手の多くが「タンキング」をする理由です。

第八章 運動選手の平均寿命が短いわけ

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販