ガンには4つの主要な原因があるとされていますが、その4つは次の通りです。(1)放射線、(2)毒物、(3)感染、(4)食品。これらの中で最も重要なのは、言うまでもなく食品です。われわれが毎日必ず口にするからです。

放射線にはもちろん、太陽光線、核放射能、例えば、ラドンのように放射性ガスがあるような特殊な地域的なものも含まれます。毒物には、アスベスト、タバコ、デイーゼル排気、鉛、ダイオキシンなどが含まれます。感染と言えば、ウイルス(頸部ガン、肝臓ガン、白血病)、バクテリア(胃ガンその他のガン)、熱帯及び亜熱帯地域ではガンの原因となる真菌類、などが含まれます。

第九章 ガンと戦う栄養素(食品によるガンの予防)

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販