リラクゼンセレクトTOP > カラダ学術講座 > クレイトン博士の「英国流医食同源」 > プロゲステロン、自然由来と合成はこんなに違う

プロゲステロン、自然由来と合成はこんなに違う

さて、それではプロゲステロンが骨の形成にそれほど重要だとすれば、ホルモン療法(HRT)ではエストロゲンとプロゲストーゲンの両方を使うにもかかわらず、どうして骨粗しょう症の治療にならないのでしょうか?

まことに当を得た疑問です。当を得た疑問には、的をはずさない答えをお返しするのが礼儀です。HRTにはプロゲステロンは使われず、プロゲストーゲンが使われているからです。プロゲストーゲンとはプロゲステロンの合成物、つまり、人工的な女性ホルモンとして作られたものであり、その多くは骨に対してはあまり効果がないのです。製薬会社がこういった化学的合成物を作るわけですが、その理由はプロゲステロン(黄体ホルモン)そのものには特許が成立しないからです。自然由来の黄体ホルモンとしてのプロゲステロンは1940年代には使用されて、好結果を記録しています。しかし、その時代の技術では経口投与ができなかったため、その後製薬会社が類似の経口プロゲストーゲンを開発してからは省みられなくなってしまったというわけです。

このような合成プロゲステロンとしてのプロゲストーゲンが持つ問題点の1つは、プロゲステロンと全く同一ではないという点です。同一ではないが、類似性は高く、1部は全く同一の機能を持っていながら、他の部分での機能を妨害することがやっかいな点です。体内のプロゲステロン受容体と結合するという点では、プロゲステロンと類似していながら、そのくせ正しいメッセージを送り出すことはしないのです。この点ではむしろ毒性があると言うべきです。プロゲストーゲンの副作用のリスト、あるいは避妊ピルの包装パックに記載されている禁忌リストを一見しただけで次に述べる問題の可能性があることが明らかです。リストに含まれるケースは、血餅のリスクの増加、特に糖尿病の場合の血糖値管理問題などがあります。更には、体液滞留、てんかん、偏頭痛、喘息、心機能不全、腎機能不全、黄だん、アレルギー、抑鬱症、甲状腺機能障害、等々と延々と続きます。悪評は1人歩きするもので、本来健康促進につながる筈の自然由来のプロゲステロンまで無実の罪で、いわば巻き添えを食って悪く言われる始末になってしまっています。

もしも、読者が納得しかねる場合、経口避妊薬の注意書きを読んでみて下さい。プロゲストーゲンには、胎児に対して毒性があるからこそ「流産の危険あり」と記載されているのです。これとは全く反対に、自然由来のプロゲステロンは、胎児の健康な成長に必須のものなのです。妊娠が段階的に進行するにつれて、卵巣はそのプロゲステロンの分泌量をアップします。それは、胎児を健康に育てるのが目的です。胎児の方でもプロゲステロンを作ります。母体のプロゲステロンの分泌が多い胎児が、成長してから知能指数が高ことを示す文献もあります。

第十章 骨粗しょう症で骨折り損にならないために

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販