膀胱炎の治療

膀胱炎(細菌性膀胱炎)の主な治療方法

膀胱炎は、多くの場合、症状(頻尿、排尿時の痛み、尿の濁り)がはっきりしているため、病院で簡単な検査を受けるとすぐに診断がつくことが多いようです。病院における治療方法は抗菌薬が主役となります。その他、多めの水分、安静と休養が指導されます。

«抗菌薬を服用する»
大腸菌をはじめ、クラミジア菌等、比較的多くの細菌に効果のある抗菌薬を用いて、通常3〜7日間服用します。

«水分を多く取る»
水分をたくさん摂取することで尿を薄め、できるだけ膀胱内の細菌を洗い流してしまうために指導されます。非常に軽い膀胱炎の場合は、これだけで症状が改善することもあるようです。

«安静と休養»
過労やストレスなどで、体全体の免疫力が落ちている時は、細菌感染しやすいため注意が必要です。免疫力低下により膀胱粘膜の働きも低下してしまいます。

«クランベリーサプリメントを摂る»
どうしても辛い痛みを抑えたい、また医者へ行く時間がないという方には、天然クランベリーの力が頼りになります。アメリカでは、クランベリーは泌尿器系疾患に最も効果があると評価されており、日本でも膀胱炎・尿道炎(尿路感染症)に効果があるとされ、注目を集めています。

ジュースやジャムではなく'ホールフーズ'クランベリーがお奨め

辛い「膀胱炎・尿道炎」を繰り返さないようにするためには、抗生物質の副作用の心配が必要ない、クランベリーを使ってみることは賢い選択です。

クランベリーを摂る方法として、ドライフルーツ、ジャム、ジュースという選択肢があります。しかしながら、膀胱炎の治癒・予防が主たる期待効果の方には、少々物足りないかもしれません。

例えば、ドライ・クランベリーについては、乾燥処理の最中に、微量栄養素を含む必要成分が多量に失われてしまうことが多く、クランベリージャムは、加熱によって有効成分が熱により失われている可能性があります。また、クランベリージュースの場合、様々な添加物や糖分が含まれていることが多く、果汁が薄められていたりすれば、抗酸化作用、殺菌・抗菌作用ともに弱くなります。。さらに、クランベリージュースは少なからず胃に負担がかかると感じられる方も少なくなく、体に合わないという方もいます。また、冷たいクランベリージュースを飲み、身体を冷やすことは、膀胱炎対策としては逆効果でもあります。本来なら、新鮮なクランベリーの実をそのまま食したいところですが、私たちの生活の中ではフレッシュなクランベリーを見つける事はそう簡単ではありません。毎日継続して摂り易いこと、鮮度と効能効果の高さを期待する場合は、サプリメント型がお奨めです。

さらに、クランベリーのサプリメントとして、何種類か市販されていますが、'ホールフーズ型'のサプリメントがお奨めです。特定の有効成分だけを抽出するのではなく、クランベリーの果実をそのままフリーズドライ加工したサプリメントとなります。膀胱炎・尿道炎の治癒・予防のために、クランベリーのパワーを継続的に摂り入れたい方は、クランベリーに含まれる微量栄養素も含有し、通常の自然食材と同様の消化&吸収を可能とし、身体に負担を掛け難い'ホールフーズ'クランベリーのサプリメントを選択することが賢明です。

  • 厳選サプリメント通販
症状・病気などから探す
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
カラダ学術講座
安心ガイド
サプリメント素材・成分の効能効果の詳細厳選サプリメント通販