急性膀胱炎:急に頻尿と排尿時の痛みが起きる、細菌性膀胱炎

膀胱炎にはいくつか種類がありますが、そのほとんどが細菌感染により膀胱の粘膜に炎症が起こる、細菌性膀胱炎と呼ばれる膀胱炎で、普段から体表面にいる細菌が膀胱に入り込んで引き起こされます。原因となる細菌は、80%以上が腸内に住む大腸菌です。そのほかの細菌や、時に性感染症の原因になるクラミジアによって起こる場合もあります。

急性膀胱炎と呼ばれる膀胱炎のほとんどがこの細菌性膀胱炎とされており、「頻尿」、「排尿時の痛み」、「尿の濁り」の3つ症状が特徴的です。その他にも、残尿感や尿意切迫感、血尿や尿の臭い等、様々な症状が出ることがあります。

膀胱炎は、男女の体の構造に違いにより、女性にとても多い病気で、女性の5人に1人は膀胱炎にかかったことがあるとまで言われています。女性は尿道の出口と肛門が近いために、肛門周辺にいる細菌(大腸菌等)が尿道から侵入しやすく、また尿道の長さが約3-4cmほどと短いため、侵入した細菌が膀胱に達しやすいのです。

膀胱炎の(再発)予防と対策

本来、人間の膀胱の粘膜には細菌に対する抵抗力があるのですが、疲れているときなど抵抗力が弱くなった時には感染しやすくなります。膀胱炎にかかってしまった場合の一般的な病院での治療には、抗生物質が使用されることが多いようですが、抗生物質は胃腸が荒れてしまったり、カラダにとって必要な菌までも殺してしまうなどの弊害もあるとされているので、薬以外の方法でまず防ぎたい病気でもあります。具体的には、「膀胱内で菌を増やさない」「膀胱内に菌を入れない」「カラダの抵抗力を落とさない」といったことに注意したいところです。

実は膀胱炎・尿道炎(尿路感染症)は「感染症」というよりは、今や頑張る女性の生活習慣病の一種と言うことができるかもしれません。膀胱炎は、普段の生活習慣に気をつけることで起こりにくくすることができるため、正しい対策を理解しておくことがとても大切です。また、膀胱炎がなかなか治らないため、慢性膀胱炎だと思っている方が多いようですが、実際にはほとんどの方が急性膀胱炎の繰り返しのようです。

再発を繰り返しやすい膀胱炎に対して、クランベリーの効果が世界中で検証されています。
最も有名な臨床試験は、1994年に高齢女性153名を対象として実施されたものです。クランベリーの日常的な摂取による、尿路感染症(膀胱炎)に対する効果について検討した無作為二重盲検プラセボ対照試験です(細菌尿および膿尿の検査結果により検証されました)。
その試験の結果、クランベリー摂取により、膀胱炎(尿路感染症)のリスクが、最大73%も低下することが実証されました。
同試験は、医学界において非常に影響力のある、"Journal of American Medical Association"誌上にも発表されています。

また、2002年には、1年間に及ぶ試験が実施されました。同試験では成人女性を対象として、濃縮クランベリー錠剤とクランベリージュースの、膀胱炎(尿路感染症)に対する有効性、及び費用対効果が検証されました。21〜72歳の性的に活発な女性150名をランダムに選び検証した結果、クランベリーが効果的に感染を防いでいることが判明しました。また濃縮クランベリー錠剤は、クランベリージュースの半分以下の費用で、クランベリージュースと同等の効果が得られることも示されました。

(毎月2回程度、膀胱炎の再発を繰り返しており、その度に抗生物質の処方を受けて飲んできたが、薬の副作用で体の調子が悪くなり、また抗生物質の抗体が出てしまうという悪循環に陥っていた方から、クランベリーサプリメントを飲み始めてから、一度も膀胱炎にかからずに済んでいるとの報告もあります。)

  • 厳選サプリメント通販
症状・病気などから探す
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
カラダ学術講座
安心ガイド
サプリメント素材・成分の効能効果の詳細厳選サプリメント通販