急性膀胱炎の治療

急性膀胱炎(細菌性膀胱炎)の主な治療方法

急性膀胱炎(細菌性膀胱炎)は、多くの場合、症状(頻尿、排尿時の痛み、尿の濁り)がはっきりしているため、病院で簡単な検査(問診、尿検査)を受けるとすぐに診断がつくことが多いようです。病院における治療方法は抗菌薬が主役となります。その他、多めの水分、安静と休養が指導されます。

«抗菌薬を服用する»
大腸菌をはじめ、クラミジア菌等、比較的多くの細菌に効果のある抗菌薬を用いて、通常3〜7日間服用します。

«水分を多く取る»
水分をたくさん摂取することで尿を薄め、できるだけ膀胱内の細菌を洗い流してしまうために指導されます。非常に軽い膀胱炎の場合は、これだけで症状が改善することもあるようです。

«安静と休養»
過労やストレスなどで、体全体の免疫力が落ちている時は、細菌感染しやすいため注意が必要です。免疫力低下により膀胱粘膜の働きも低下してしまいます。

«クランベリーサプリメントを摂る»
どうしても辛い痛みを抑えたい、また医者へ行く時間がないという方には、天然クランベリーの力が頼りになります。アメリカでは、クランベリーは泌尿器系疾患に最も効果があると評価されており、日本でも膀胱炎・尿道炎(尿路感染症)に効果があるとされ、注目を集めています。

  • 厳選サプリメント通販
症状・病気などから探す
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
カラダ学術講座
安心ガイド
サプリメント素材・成分の効能効果の詳細厳選サプリメント通販