リラクゼンセレクトTOP > 膀胱炎の治し方(膀胱炎には抗生物質よりもクランベリー)

膀胱炎の治し方(膀胱炎の治癒・再発予防には、抗生物質よりもクランベリー)

'膀胱炎には抗生物質'は、賢明な治し方なのでしょうか?

膀胱炎は、治し方('完治')が難しく、'再発'しやすいという点で、厄介な病気です。

膀胱炎になると、その痛さや発熱、匂いや頻尿といった違和感が気になり、日常生活に支障をきたす状態からいち早く逃れたいために、すぐに医師に掛かり、処方された抗生物質を服用するという治し方を選択することがとてもが多いようです。

では、抗生物質の服用は、膀胱炎の完治・再発予防において、賢明な治し方なのでしょうか?

  1. 抗生物質を服用することで、膀胱炎の辛い症状が治まるのでしょうか?
  2. 抗生物質を服用することで、膀胱炎の再発を防ぐことができるのでしょうか?
  3. 抗生物質を服用することで、副作用の心配は無いのでしょうか?

仮に、上記1から3の問いに対して、全てYesならば、何ら問題はありません。
一方で、実態としては、抗生物質を服用しても、(膀胱炎の症状が一時的に治まるものの)膀胱炎の完治とはならず、しばらくすると膀胱炎を再発してしまう方が少なくないようです。さらに抗生物質の副作用にも苦しむ方もいて、抗生物質の服用は膀胱炎における賢明な治し方とは言い難いようです。

安心で安全な賢明な治し方としてお奨めできるのは、クランベリーの自然の力を継続摂取することです。

クランベリーを継続的に摂ることで、膀胱炎の辛い症状も治まり、膀胱炎になり難い体質改善を通して膀胱炎の再発も予防でき、副作用の心配もないので、安全安心な膀胱炎の治し方として、クランベリーの継続摂取は極めて賢明です。実際に、クランベリーと出会ったことで、長年の「膀胱炎の再発⇒抗生物質の服用⇒副作用で免疫力低下⇒膀胱炎の再発」という悪魔のサイクルからようやく脱出でき、膀胱炎になり難い体質に改善できたと安堵されるクランベリー継続利用者はとても多くいらっしゃいます。

2010年頃からは、膀胱炎を繰り返して困っていらっしゃる方に、クランベリー摂取を奨めていただける患者志向の医療機関が増えているように思われます。当セレクトショップにも、医師や訪問看護師からの紹介によりクランベリーに関する数多くの問い合わせをいただいておりまして、現在では、'膀胱炎にはクランベリー'が、ある意味、患者志向の泌尿器科医師からもお墨付きを得た賢明な治し方として定着してきています。

「膀胱炎」の意味合い
当解説での「膀胱炎」表記は、広い意味での細菌性膀胱炎(急性・慢性)を意味しています。感染箇所によっては、尿道炎や腎盂腎炎と呼ばれる炎症も含めて、尿道から侵入してくる細菌によって生じる炎症全てを膀胱炎を呼んでいます。別の呼び方としては、尿路感染症も当てはまります。

厳選サプリメント通販

「膀胱炎の治し方(膀胱炎には抗生物質よりもクランベリー)」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

抗生物質を服用しても膀胱炎の再発予防ができ難い理由とは?

抗生物質の主たる作用は、細菌を死滅させることです。

膀胱炎で困っている方の多くは、細菌性の膀胱炎です。免疫力が弱っている時に大腸菌等の膀胱炎の原因菌が尿道から侵入して、膀胱粘膜が細菌に感染することで炎症を起こします。処方された抗生物質を服用すると、原因菌を死滅させることで、膀胱炎の症状は一応治まるようです。

ところが、抗生物質を服用し終えて一定期間が経過すると、抗生物質の効力は失われてしまうため、弱った免疫力が回復できていない場合は、原因菌が尿道から再度侵入して、膀胱炎を繰り返すことになります。

抗生物質を服用しても、免疫力の改善は期待しづらいため、抗生物質は膀胱炎の再発予防には貢献しにくいと言えるでしょう。加えて、抗生物質の副作用により、免疫力や抵抗力はさらに弱ってしまうことが多く、膀胱炎を再発して、他の感染症にも罹りやすい体質に劣化してしまう方もいるようです。

もしくは、抗生物質服用を繰り返すことで、それまで服用してきた抗生物質に強い耐性を持つ耐性菌が生まれてしまい、通常の抗生物質を服用しても症状が治まらない厄介な膀胱炎になってしまう方もいます。

厳選サプリメント通販

「膀胱炎の治し方(膀胱炎には抗生物質よりもクランベリー)」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

看過できない抗生物質の副作用とは?

抗生物質は、膀胱炎の原因菌を死滅させる非常に強い作用を持っています。
一方で、抗生物質は死滅させる細菌を選ばないため、腸内で消化吸収に必要不可欠な働きをしている優良な腸内細菌まで死滅させてしまい、その結果、体調バランスを崩してしまう方が少なくありません。

膀胱炎で処方される代表的な抗生物質として「クラビット」がありますが、医療関係者向けの医薬品注意喚起資料の添付文書では、クラビットの副作用に関して以下のような詳細記述(抜粋)があります。

  • 臨床試験において、総症例1,930例中522例(27.1%)に副作用が認められた
  • 主な副作用は、悪心(吐き気):3.3%、眩暈(めまい):3.1%、白血球数減少:2.7%、不眠:2.6%、ALT(GPT)上昇:1.7%であった
  • 主たる重大な副作用(頻度不明):劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎、大腸炎、低血糖、錯乱/譫妄/抑欝等の精神症状、過敏性血管炎、等

副作用項目としては、吐き気、眩暈(めまい)、大腸炎等、抗生物質を服用中もしくは服用直後に自覚する副作用もあれば、肝機能障害、錯乱、抑欝等、抗生物質によるダメージが蓄積することで、服用してしばらく経過した後に認識する副作用もあります。

いずれの副作用も、膀胱炎と同等以上に、日常生活に少なからず支障をきたす体調不良(別途に治療を要する病気)と言えるでしょう。このような安全安心とは言い難い抗生物質を服用する際においては、医師から処方された抗生物質だとしても、副作用リスクを十分認識した上で自己判断&自己責任が重要となります。

一時だけの抗生物質の服用により、膀胱炎が完治となり再発予防ができるのであれば、抗生物質の副作用発生も限定的となり、目くじらを立てるほどではないという見方もできます。
一方で、膀胱炎を繰り返し、その都度抗生物質を服用する悪魔のサイクルを続けることになれば、その分抗生物質による副作用ダメージも蓄積されてしまい、体調バランスを崩し重篤な体調不良に繋がり得るため、抗生物質の継続的服用は是が非でも避けるべきです。

厳選サプリメント通販

「膀胱炎の治し方(膀胱炎には抗生物質よりもクランベリー)」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

膀胱炎の治し方(膀胱炎の治癒・再発予防)に関するクランベリーの高い信頼&実績とは?

クランベリーは、主に北米とヨーロッパの寒冷地に生育するツツジ科スノキ属の植物で、直径1cm程度の赤紫色の果実に高い栄養価があります。

日本ではまだ馴染みが薄い果物ですが、クランベリーは、アメリカ人にとっては、日常的な食材・果物であり、ジャムやジュースの加工食品として、優れた効能を有するサプリメントとして、広く愛用されています。酸味が強く生食にはあまり適さない味なので、クランベリーがアメリカで幅広く浸透しているのは、その高い栄養価が理由と言われています。

クランベリーの赤紫色の果実に含まれる高い栄養価の真相は、クランベリーが紫外線や虫から自らを守るために光合成により作り出された天然の化学物質で、ポリフェノール・フラボノイドと呼ばれるフィトケミカルが最大要素です。

フラボノイドには活性酸素を除去する優れた抗酸化作用が備わっており、体内酸化が主原因とされる各種病気の予防に威力があります。中でも赤紫の色素に含まれるアントシアニンの視力機能改善作用、クランベリーの含有量が最大と言われるキナ酸の抗細菌付着作用が、単体栄養成分としては注目度が高いです。

尿路感染症・膀胱炎の治癒や再発予防に優れた効能が備わっており、数多くの臨床試験により裏付けられているクランベリーの威力と高い信頼には、様々な理由や学説がありますが、フィトケミカルとしてのアントシアニンやキナ酸等の特定栄養成分が成せる技ではなく、クランベリーに含まれる全ての栄養成分の絶妙の組み合わせの賜物であるという説が有力です。

クランベリーには、豊富なビタミンC、カルシウム・カリウム・ナトリウム等のミネラル、炭水化物・タンパク質・脂肪の3代栄養素、さらに食物繊維等が含まれており、まだ詳細未解明の栄養成分も含めて、クランベリー栄養成分全体(ホールフーズ)に、膀胱炎を引き起こす感染菌を除去する作用があり、膀胱炎の治癒・再発予防に関する優れた効能があると考えられます。

膀胱炎を繰り返す度に抗生物質を服用し、免疫力が低下して、耐性菌による厄介な膀胱炎となり、ついには抗生物質が効かなくなってしまった、と困られている方にとっても、クランベリーの威力を実感される方が少なからずいらっしゃいます。耐性菌による厄介な膀胱炎に関しても、クランベリーを摂ることで辛い症状が治まり、治癒と再発予防を効果実感される事例があるので、良質なクランベリーには、膀胱炎の治癒・再発予防の効能と威力があると言えるでしょう。

必要なクランベリー摂取量(=適量)は、主に免疫力の強い/弱いによって、個人差があります。免疫力が劣化している場合では、クランベリー必要量は多くなるようです。個々人による適量見極めに基づいたクランベリー継続摂取が、膀胱炎の治癒・再発予防にはとても重要となります。

妊娠中(妊婦)や授乳中(産後)の女性は、膀胱炎になってしまうと、胎児や乳児への悪い影響を少しでも避けるため抗生物質を服用しづらく、安全安心な治し方が求められます。幼児や小児を含めて、抗生物質を避けたい方にとって、クランベリーは頼もしい力となってくれます。

キナ酸有力説の限界(1)
クランベリーに多く含有されるキナ酸の単体栄養成分が、膀胱炎の原因菌を除去するとの働き、すなわち、尿の酸性化を図り、感染菌が生息しにくい膀胱環境に変えることを通して、感染菌の増殖と付着を防ぐ作用があるというのがキナ酸有力説の概要です。この場合、キナ酸を多く摂れば、膀胱炎予防効果もその分大きいことになりますが、実際には、キナ酸を含むとの表記のクランベリー等のサプリメントやジュースを多く摂っても、膀胱炎予防効果を実感できない商品が、市場には少なからず存在しているようです。

キナ酸有力説の限界(2)
膀胱炎の課題を抱える方々の膀胱環境・尿状態には個人差があります。大腸菌等の原因菌の生息が難しいとされる尿ph値が6〜6.5等の酸性状態の方であっても、膀胱炎で困っている方は意外にもかなりいらっしゃいます。クランベリーを摂る前に、すでにph値が酸性の方でも、クランベリーを摂ることで、膀胱炎の治癒や再発予防を実感される方が少なくないので、この場合は、キナ酸説では十分な作用説明ができません。

膀胱炎の治癒・再発予防に関する治験データについて、詳しくお知りになりたい方は、 PubMed上で、「cranberry urinary tract infection」(※クランベリー 尿路感染症)で検索していただくと、臨床試験の最新情報が確認いただけます。ピロリ菌除去やコレステロール値健全化、等々、クランベリーの威力に関して、膀胱炎以外の疾病治癒に関する研究論文が次々に発表されるほどに、クランベリー効能に関する研究・治験はホットなテーマとなっています。

厳選サプリメント通販

「膀胱炎の治し方(膀胱炎には抗生物質よりもクランベリー)」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

自分に合った良質なクランベリー商品の見極め方と選び方とは?

膀胱炎で困っていらっしゃる方にとって、最重要なテーマは、自分に合ったクランベリー商品を見極めて、クランベリーを継続的に摂取することではないでしょうか。

ただし、商品パッケージに記載される内容表示だけを見て、良質かどうかを判別できることは、ほぼ不可能と言えるので、自分に合ったクランベリー商品を見極めるには、その商品を試す以外に方法はありません。

いろいろな商品を試して比べて、自分に合った良質なクランベリー商品を見つけていくことをお奨めいたします。どのような順番でクランベリー商品を試すべきかについて、重要な考慮点を、以下の(1)から(5)に列挙いたします。

(1)クランベリー商品の品質や栄養価を決める最大要素は「栽培環境」です

  • どこで栽培されているかによって、クランベリーが持つ栄養価が異なります。クランベリー生育に必要な、土壌、気候、水、日照等が異なりますので、クランベリー果実に含有される栄養価は異なります。
  • また、肥料や農薬の使用状況等の栽培管理の違いによっても、クランベリー商品が持つパワー&栄養価は異なります。これは、ハーブ(薬効性に優れた植物)全般に当てはまるポイントです。

(2)クランベリー商品の品質や栄養価を決める第2の要素は「鮮度を保つ製法」です

  • 植物は、鮮度が落ちると品質・栄養価は劣化しますので、鮮度を保つ製法を持っているかどうかで、クランベリー商品の品質・栄養価は、大きく異なります。
  • 鮮度を保つ製法とは、クランベリーを収穫してから商品化までの時間短縮と、鮮度を保ち栄養価を残す製法技術の主に2つの要素から成り立ちます。

(3)「ホールフーズ」のクランベリー商品が望ましい

  • クランベリーに含まれる全ての栄養価を余すことなく摂ることができる、ホールフーズのクランベリー商品が望ましいでしょう。現在では、フレッシュなクランベリー果実以外では、ホールフーズのクランベリー商品はサプリメントに限られます。
  • ドライフルーツのクランベリーは、乾燥の過程で鮮度が失われるため、栄養価が減少します。また、乾燥過程で抜かれる水分と一緒に、水溶性の栄養価が抜け落ちる可能性があります。
  • クランベリージュースの製法工程においては、「搾りカス」が出るので、商品としてのクランベリージュースには、この搾りカスは含まれないのが通常です。この搾りカスの中身であるはずの食物繊維等に、膀胱炎の治癒や再発予防に直結する栄養価が残される場合は、クランベリー100%表記のジュースであっても、クランベリージュースで得られるクランベリーのパワーは、ホールフーズのクランベリーに比べて劣ることになります。

(4)「オーガニック」のクランベリー商品が望ましい

  • オーガニック認定条件を満たさない加熱処理・殺菌処理等によって製造されたクランベリー商品は、クランベリー本来の栄養価が失われている可能性があります。
  • オーガニックのクランベリー商品を摂ることで、体内に入ることになる添加物、農薬等の化学物質の種類と総量が減ることになるため、添加物や農薬等の化学物質が主原因とされる、アレルギーや肝機能障害や精神疾患等に罹るリスクが軽減できます。
  • オーガニックで良質なクランベリー商品のほとんどは、クランベリーの栽培地とクランベリー商品化の製造工場が隣接していることが通常です。例えば、クランベリー産地は北米で、クランベリー商品化を日本工場で行われている場合は、産地から工場にクランベリーを輸送する際に、何らかの添加物や熱処理等が加えられることになり、オーガニック状態の維持&オーガニックでの商品提供は難しいです。

(5)「キナ酸」の含有量は重要な考慮点とは言いがたい

  • 上記の「キナ酸有力説の限界」で示すように、キナ酸単体栄養素が、膀胱炎の治癒や再発予防に作用するという学説は、根拠に乏しくなっているため、重要視する価値は低いと思われます。
  • キナ酸の含有量を重視することにより、栽培環境や製法技術に劣るクランベリー商品を選んでしまうと、自分に合ったクランベリー商品に出会うまでに無駄な時間と労力を要することになります。

上記(1)〜(4)の観点は、クランベリー商品の望ましい選び方についての記載でありますが、ある意味、現代人の健康維持において重要な'食材の望ましい選び方'と受け取っていただいても良いと思います。

鮮度の高いオーガニック&ホールフーズ食材を摂ることは、高い栄養価を摂ることができて、不要な添加物を避けることもでき、健康維持において極めて賢明な食生活スタイルです。一方で、高い栄養価を得るための最適な栽培環境が海外となるクランベリー等の食材の場合は、ジュースやサプリメントへの商品加工の全てを、産地に近い工場で製造完了している商品が、安全面&効能面の両方で望ましいことになります。

クランベリーにおいては、最適産地が北米であるため、北米で製造完了したクランベリー商品を選ぶことが望ましく、現段階でお奨めできるのは、'オーガニック'&'ホールフーズ'のクランベリーサプリメントになります。

  • 厳選サプリメント通販
症状・病気などから探す
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
カラダ学術講座
安心ガイド
サプリメント素材・成分の効能効果の詳細厳選サプリメント通販