間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は、激しい頻尿と痛みが典型的な症状です

間質性膀胱炎は、日本では近年知られてきた病気で、従来治りにくい膀胱炎とされていた中に含まれていることが分かっています。下記のような症状が思い当る方は、間質性膀胱炎の可能性があるため、適切な対処が必要です。

  • 昼も夜も見境なく、しょっちゅうトイレに行きたくなる
  • 尿が溜まってくると、下腹部に痛みを感じるためトイレに行くが、ほとんど尿が出ない
  • 排尿すると、下腹部の痛みや不快感が多少軽減する
  • 抗菌剤を飲んでも、一向に症状が良くならない

一般的には、ただ膀胱炎と言えば、大腸菌等の細菌によって起こる細菌性膀胱炎のことを指しますが、間質性膀胱炎は細菌感染症とは異なるタイプの病気で、患者さんは女性に多く、激しい頻尿と排尿時の痛みがあります。細菌性膀胱炎と症状が似ており、また個人差も大きいため、注意が必要です。

間質性膀胱炎の詳しい原因は分かっておらず、生活習慣や食生活、ストレスや環境、何かしら刺激等が関わっているのではないかと推測されています。

一般的に、症状は頻尿から始まります。昼夜を問わず頻尿となり、1日に十数回〜何十回もトイレに行かなければ気が済まなくなります。また、間質性膀胱炎と細菌性膀胱炎との大きな違いは、細菌性膀胱炎は特に尿を出し終わる時に痛みを感じる(排尿終末時痛)のに対し、間質性膀胱炎では、膀胱に尿が溜まると痛みを感じる(蓄尿時膀胱痛)のが特徴です。

診断には慎重さが求められるため時間がかかります。また、間質性膀胱炎そのものの治療薬がまだないため、抗うつ薬や抗アレルギー薬などが用いられることもあります。

家庭でできる行動療法としては、膀胱訓練と食事療法が重要です。膀胱訓練とは、膀胱が少しずつ萎縮する間質性膀胱炎の基本的な治療と言えるでしょう。尿意を覚えた時にすぐにトイレに行かずに、少し我慢して排尿タイミングを遅らせることで、膀胱容量の低下を抑える効果が期待できます。また、食事療法では、頻尿や膀胱痛を悪化させるような食べ物を避けるという方針になります。酸っぱいものや辛いものは避けるようにするのが無難でしょう。

間質性膀胱炎の症状に当てはまる方や、その可能性がある方は、自己判断をせずに、医療機関を受診することをお奨め致します。

しかし、どうしても辛い痛みを抑えたい、また医者へ行く時間がないという方には、天然クランベリーの力が頼りになります。アメリカでは、クランベリーは泌尿器系疾患に最も効果があると評価されており、日本でも膀胱炎・尿道炎(尿路感染症)に効果があるとされ、注目を集めています。

  • 厳選サプリメント通販
症状・病気などから探す
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
カラダ学術講座
安心ガイド
サプリメント素材・成分の効能効果の詳細厳選サプリメント通販