排尿トラブルの根本原因は、前立腺肥大ではなく前立腺炎の可能性

トイレ頻度が急激に増える、スムーズな排尿ができない、排尿後に違和感が残る…、等の排尿トラブルは、年齢を重ねるほど増加傾向にあります。特に50歳を超えた男性は、身に覚えのある方がほとんどではないでしょうか?

例えば、60歳を迎えた男性が、健康な時には気にならなかった排尿がスムーズに行えなくなり、日常生活に支障をきたす状態になった場合、どのような行動を取るでしょうか?

排尿に支障をきたす状態からいち早く逃れたいために泌尿器科を受診し、医師の診断結果に基づく処方薬を真面目に服用するというのは、ある意味、とても自然な行動です。実際、前立腺肥大だと診断されて、前立腺肥大の治療薬を飲み続ける方は、とても多いようです。

一方で、仮に排尿トラブルの直接的原因が前立腺肥大では無かったとしたら、前立腺肥大の治療薬を長期服用しても、排尿トラブルが解消されることはありません。

ここで、注目するべき事実は、前立腺肥大の治療を続けても排尿トラブルを何ら改善できなかった方の多くが、クランベリーを飲むことで、長年の排尿トラブルをあっさりと解消する例が少なくないということです。

クランベリーとは、細菌性の尿路感染症の治癒・再発予防に優れている、世界的に実績・信頼の高い果物です。前立腺肥大と診断された方がクランベリーの継続摂取により、排尿トラブルを解消できた理由とは、実は、「前立腺炎が排尿トラブルの根本原因であった」ということを意味します。

排尿トラブルの原因が前立腺炎を代表とする尿路感染症だとすれば、安心で安全な賢明な対処方法としてお奨めできるのは、クランベリーの自然の力を継続摂取することです。

クランベリーを継続的に摂ることで、前立腺肥大(実質「前立腺炎」)の辛い症状も治まり、前立腺肥大(実質「前立腺炎」)になり難い体質改善を通して再発も予防でき、副作用の心配もないので、安全安心な前立腺肥大対処方法として、クランベリーの継続摂取は極めて賢明です。実際に、クランベリーと出会ったことで、長年の「排尿障害⇒前立腺肥大の診断⇒治療薬の服用⇒副作用による機能障害⇒排尿困難」という悪魔のスパイラルからようやく脱出でき、前立腺肥大(実質「前立腺炎」)になり難い体質に改善できたと安堵されるクランベリー継続利用者はとても多くいらっしゃいます。

厳選サプリメント通販

「前立腺肥大にはクランベリー」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

前立腺肥大が誤診では、治療を重ねても排尿トラブル解消は難しい!

高齢の男性が排尿トラブルで泌尿器科を受診した場合、尿検査をしても特に細菌が見つからず、エコー検査で前立腺が大きくなっていることがわかると、その多くは前立腺肥大と診断される傾向にあるようです。

ところが、実は尿検査で細菌が見つからなくても、細菌性の前立腺炎にかかっている可能性があります。細菌性の膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症の多くの場合では尿に細菌が検出されますが、前立腺炎の場合には尿中から細菌が検出されることが少ないためです。

したがって、実質的には前立腺炎により排尿に違和感を持っている場合でも、前立腺肥大が原因との誤診がなされ、前立腺肥大の治療薬の服薬が開始されることがあります。

また、前立腺肥大は数ある老化現象のひとつに過ぎないという捉え方もできます。50歳前後から、個人差はあるものの、多くの男性の前立腺は大きくなります。つまり、程度の差こそあれ、少なからず排尿に支障をきたすようになってくると言えます。老眼と同じように、避けることのできない体の変化と言い換えることもできるでしょう。

老化現象としての前立腺肥大により尿道が狭くなると、尿道に尿や汚れが溜まりやすくなり、体内に侵入した細菌にとっては格好の繁殖の場となります。その細菌が尿道から分かれている前立腺に移動すると前立腺炎の原因となります。前立腺炎になると、頻尿や残尿感を持ったり、腹部に違和感を感じるなどの排尿トラブルを抱えやすくなります。

つまり、排尿トラブルの原因が、病気としての前立腺肥大ではなく、老化現象としての前立腺肥大の結果として罹った前立腺炎であると捉えることもできます。

もし、細菌性の前立腺炎により排尿に違和感を持っている場合は、前立腺肥大の治療薬を服用しても、当然ながら症状改善は期待しづらく、むしろ治療薬の副作用により、免疫力や抵抗力はさらに弱ってしまうことが多く、前立腺炎をより重篤化させ、他の感染症にも罹りやすい体質に劣化してしまう方もいるようです。

厳選サプリメント通販

「前立腺肥大にはクランベリー」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

看過できない前立腺肥大:治療薬の副作用とは?

前立腺肥大の治療薬は、体の機能に働きかける非常に強い作用を持っています。
前立腺肥大の治療薬の主たる作用は、薬の種類によって異なりますが、肥大した前立腺により圧迫され狭くなった尿道を広げるために、尿道を拡張させたり、前立腺を縮小させることです。

一方で、多くの前立腺肥大治療薬は、悩みの原因を解消するものではなく、辛さを一時にしのぐための役割に重点がおかれており、治療薬服用を継続した後に、手術に至ることも珍しくありません。前立腺肥大の治療薬の医療関係者向けの医薬品注意喚起資料の添付文書には、下記のような記載があります。
「本剤による治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意し、本剤投与により期待する効果が得られない場合は、手術療法等、他の適切な処置を考慮すること。」

前立腺肥大で処方される代表的な治療薬(α受容体遮断薬)として「ユリーフ」がありますが、医療関係者向けの医薬品注意喚起資料の添付文書では、ユリーフの副作用に関して以下のような詳細記述(抜粋)があります。

  • 臨床試験において、総症例873例中391例(44.8%)に副作用が認められた
  • 主な副作用は、射精障害(逆行性射精等)150例(17.2%),口渇50例(5.7%),下痢35例(4.0%),軟便34例(3.9%),立ちくらみ31例(3.6%),鼻閉29例(3.3%),めまい23例(2.6%),ふらつき22例(2.5%),頭痛19例(2.2%)などであった。
  • 臨床検査値の異常変動は,総症例853例中185例(21.7%)で認められた。
  • その主なものは,トリグリセリド上昇62例(7.4%),CRP上昇21例(3.9%),ALT(GPT)上昇20例(2.3%),AST(GOT)上昇19例(2.2%),γ-GTP上昇19例(2.2%)などであった。
  • なお,第III相二重盲検比較試験では射精障害(逆行性射精等)が175例中39例(22.3%)で認められた。(※発売後に商品利用対象患者を対象に、有効性の検証や安全性の検討を主な目的として、大規模で実施する試験)
  • 主たる重大な副作用(頻度不明):失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸、等

副作用項目としては射精障害が最も多く見られ、次に口渇、下痢、立ちくらみ、頭痛等、治療薬を服用中もしくは服用直後に自覚する副作用、そして肝機能障害、黄疸、臨床検査値の異常変動等、治療薬によるダメージが蓄積することで、服用してしばらく経過した後に認識する副作用もあります。

いずれの副作用も、前立腺肥大と同等以上に、日常生活に少なからず支障をきたす体調不良(別途に治療を要する病気)と言えるでしょう。このような安全安心とは言い難い治療薬を服用する際においては、医師から処方された薬だとしても、副作用リスクを十分認識した上で自己判断&自己責任が重要となります。

一時だけの治療薬の服用により、前立腺肥大が完治となり再発予防ができるのであれば、治療薬の副作用発生も限定的となり、目くじらを立てるほどではないという見方もできます。排尿障害の症状が重篤な場合は、治療薬服用による対処療法もやむを得ないケースもあるでしょう。
一方で、気になる違和感のために、前立腺肥大の治療薬を長期間に渡って継続的に服用することになれば、その分治療薬による副作用ダメージも蓄積されてしまい、体調バランスを崩し重篤な体調不良に繋がり得るため、治療薬の継続的服用は是が非でも避けるべきです。

厳選サプリメント通販

「前立腺肥大にはクランベリー」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

前立腺炎による排尿トラブル軽減・解消に関するクランベリーの高い信頼&実績とは?

クランベリーは、主に北米とヨーロッパの寒冷地に生育するツツジ科スノキ属の植物で、直径1cm程度の赤紫色の果実に高い栄養価があります。

日本ではまだ馴染みが薄い果物ですが、クランベリーは、アメリカ人にとっては、日常的な食材・果物であり、ジャムやジュースの加工食品として、優れた効能を有するサプリメントとして、広く愛用されています。酸味が強く生食にはあまり適さない味なので、クランベリーがアメリカで幅広く浸透しているのは、その高い栄養価が理由と言われています。

クランベリーの赤紫色の果実に含まれる高い栄養価の真相は、クランベリーが紫外線や虫から自らを守るために光合成により作り出された天然の化学物質で、ポリフェノール・フラボノイドと呼ばれるフィトケミカルが最大要素です。

フラボノイドには活性酸素を除去する優れた抗酸化作用が備わっており、体内酸化が主原因とされる各種病気の予防に威力があります。中でも赤紫の色素に含まれるアントシアニンの視力機能改善作用、クランベリーの含有量が最大と言われるキナ酸の抗細菌付着作用が、単体栄養成分としては注目度が高いです。

尿路感染症・前立腺炎・膀胱炎の治癒や再発予防に優れた効能が備わっており、数多くの臨床試験により裏付けられているクランベリーの威力と高い信頼には、様々な理由や学説がありますが、フィトケミカルとしてのアントシアニンやキナ酸等の特定栄養成分が成せる技ではなく、クランベリーに含まれる全ての栄養成分の絶妙の組み合わせの賜物であるという説が有力です。

クランベリーには、豊富なビタミンC、カルシウム・カリウム・ナトリウム等のミネラル、炭水化物・タンパク質・脂肪の3大栄養素、さらに食物繊維等が含まれており、まだ詳細未解明の栄養成分も含めて、クランベリー栄養成分全体(ホールフーズ)に、前立腺炎を引き起こす感染菌を除去する作用があり、前立腺炎の治癒・再発予防に関する優れた効能があると考えられます。

前立腺炎を繰り返す度に抗生物質を服用し、免疫力が低下して、耐性菌による厄介な前立腺炎となり、ついには抗生物質が効かなくなってしまった、と困られている方にとっても、クランベリーの威力を実感される方が少なからずいらっしゃいます。耐性菌による厄介な前立腺炎に関しても、クランベリーを摂ることで辛い症状が治まり、治癒と再発予防を効果実感される事例があるので、良質なクランベリーには、前立腺炎の治癒・再発予防の効能と威力があると言えるでしょう。

必要なクランベリー摂取量(=適量)は、主に免疫力の強い/弱いによって、個人差があります。免疫力が劣化している場合では、クランベリー必要量は多くなるようです。個々人による適量見極めに基づいたクランベリー継続摂取が、前立腺炎の治癒・再発予防にはとても重要となります。

前立腺炎を含む、尿路感染症の治癒・再発予防に関する治験データについて、詳しくお知りになりたい方は、 PubMed上で、「cranberry urinary tract infection」(※クランベリー 尿路感染症)で検索していただくと、臨床試験の最新情報が確認いただけます。ピロリ菌除去やコレステロール値健全化、等々、クランベリーの威力に関して、尿路感染症以外の疾病治癒に関する研究論文が次々に発表されるほどに、クランベリー効能に関する研究・治験はホットなテーマとなっています。

厳選サプリメント通販

「前立腺肥大にはクランベリー」トップへ

「クランベリーの選び方」へ

自分に合った良質なクランベリー商品の見極め方と選び方とは?

前立腺炎で困っていらっしゃる方にとって、最重要なテーマは、自分に合ったクランベリー商品を見極めて、クランベリーを継続的に摂取することではないでしょうか。

ただし、商品パッケージに記載される内容表示だけを見て、良質かどうかを判別できることは、ほぼ不可能と言えるので、自分に合ったクランベリー商品を見極めるには、その商品を試す以外に方法はありません。

いろいろな商品を試して比べて、自分に合った良質なクランベリー商品を見つけていくことをお奨めいたします。どのような順番でクランベリー商品を試すべきかについて、重要な考慮点を、以下の(1)から(4)に列挙いたします。

(1)クランベリー商品の品質や栄養価を決める最大要素は「栽培環境」です

  • どこで栽培されているかによって、クランベリーが持つ栄養価が異なります。クランベリー生育に必要な、土壌、気候、水、日照等が異なりますので、クランベリー果実に含有される栄養価は異なります。
  • また、肥料や農薬の使用状況等の栽培管理の違いによっても、クランベリー商品が持つパワー&栄養価は異なります。これは、ハーブ(薬効性に優れた植物)全般に当てはまるポイントです。

(2)クランベリー商品の品質や栄養価を決める第2の要素は「鮮度を保つ製法」です

  • 植物は、鮮度が落ちると品質・栄養価は劣化しますので、鮮度を保つ製法を持っているかどうかで、クランベリー商品の品質・栄養価は、大きく異なります。
  • 鮮度を保つ製法とは、クランベリーを収穫してから商品化までの時間短縮と、鮮度を保ち栄養価を残す製法技術の主に2つの要素から成り立ちます。

(3)「ホールフーズ」のクランベリー商品が望ましい

  • クランベリーに含まれる全ての栄養価を余すことなく摂ることができる、ホールフーズのクランベリー商品が望ましいでしょう。現在では、フレッシュなクランベリー果実以外では、ホールフーズのクランベリー商品はサプリメントに限られます。
  • ドライフルーツのクランベリーは、乾燥の過程で鮮度が失われるため、栄養価が減少します。また、乾燥過程で抜かれる水分と一緒に、水溶性の栄養価が抜け落ちる可能性があります。
  • クランベリージュースの製法工程においては、「搾りカス」が出るので、商品としてのクランベリージュースには、この搾りカスは含まれないのが通常です。この搾りカスの中身であるはずの食物繊維等に、前立腺炎の治癒や再発予防に直結する栄養価が残される場合は、クランベリー100%表記のジュースであっても、クランベリージュースで得られるクランベリーのパワーは、ホールフーズのクランベリーに比べて劣ることになります。

(4)「オーガニック」のクランベリー商品が望ましい

  • オーガニック認定条件を満たさない加熱処理・殺菌処理等によって製造されたクランベリー商品は、クランベリー本来の栄養価が失われている可能性があります。
  • オーガニックのクランベリー商品を摂ることで、体内に入ることになる添加物、農薬等の化学物質の種類と総量が減ることになるため、添加物や農薬等の化学物質が主原因とされる、アレルギーや肝機能障害や精神疾患等に罹るリスクが軽減できます。
  • オーガニックで良質なクランベリー商品のほとんどは、クランベリーの栽培地とクランベリー商品化の製造工場が隣接していることが通常です。例えば、クランベリー産地は北米で、クランベリー商品化を日本工場で行われている場合は、産地から工場にクランベリーを輸送する際に、何らかの添加物や熱処理等が加えられることになり、オーガニック状態の維持&オーガニックでの商品提供は難しいです。

上記(1)〜(4)の観点は、クランベリー商品の望ましい選び方についての記載でありますが、ある意味、現代人の健康維持において重要な'食材の望ましい選び方'と受け取っていただいても良いと思います。

鮮度の高いオーガニック&ホールフーズ食材を摂ることは、高い栄養価を摂ることができて、不要な添加物を避けることもでき、健康維持において極めて賢明な食生活スタイルです。一方で、高い栄養価を得るための最適な栽培環境が海外となるクランベリー等の食材の場合は、ジュースやサプリメントへの商品加工の全てを、産地に近い工場で製造完了している商品が、安全面&効能面の両方で望ましいことになります。

クランベリーにおいては、最適産地が北米であるため、北米で製造完了したクランベリー商品を選ぶことが望ましく、現段階でお奨めできるのは、'オーガニック'&'ホールフーズ'のクランベリーサプリメントになります。

  • 厳選サプリメント通販
症状・病気などから探す
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
カラダ学術講座
安心ガイド
サプリメント素材・成分の効能効果の詳細厳選サプリメント通販