C型肝炎の症状

「沈黙の臓器」肝臓を守る天然ハーブ

C型肝炎の症状は?

肝臓病は様々な原因で起こりますが、中でも多いのがウイルス性肝炎です。ウイルス性肝炎には、A型、B型、C型、E型等いくつか種類がありますが、特にC型肝炎の患者が増えている傾向にあるため、C型肝炎撲滅を目指した様々な動きがみられるほどです。

そもそも、ウイルス性肝炎とは、肝臓の細胞が肝炎ウイルスに感染し、炎症を起こしてしまった状態を指しています。C型肝炎は、輸血や血液製剤、性行為、母子感染、刺青、同じ注射針の回し使い等が主な感染源とされています。感染源より、ウイルスを含む血液が体内を循環することで急性肝炎(C型肝炎)が引き起こされ、そのうち70〜80%の人が慢性肝炎(C型肝炎)に移行します。日頃の肝臓ケアが非常に大切です。

C型肝炎に特徴的な症状は、以下の通りとされています。

  • GOT、GPT値が上昇する
  • だるさを感じる(全身倦怠感)
  • 疲れやすくなる
  • 食欲不振になる
  • 右脇腹が痛む
  • 黄疸が出る

マリアアザミが肝機能障害の症状改善に役立ってきた実績

マリアアザミとは、ヨーロッパでは2000年以上も前から肝障害の治療として経験的に愛用されてきた西洋ハーブです。1970年代から、マリアアザミの種子に含まれる「シリマリン」の肝細胞保護作用や肝機能改善作用の効果が科学的に証明されてきています。今ではヨーロッパ各国の医療機関においてマリアアザミの効能効果が認められ、特にドイツではコミッションE(ドイツのハーブの効能に関する公的評価委員会)で、肝機能障害に効果を示すハーブとして、慢性肝炎や肝硬変への使用を承認しています。

ウイルス性肝炎の慢性化、そして肝硬変へと移行してしまった肝臓を労わり、肝臓の再生能力を高めるために、日常的にマリアアザミを摂取することが効果的であることが、証明されています。生活習慣の見直し、食習慣の見直しと併せて、マリアアザミを日々のライフスタイルに組み込むことは、とても賢明な選択肢だと言えるでしょう。

  • 厳選サプリメント通販
カラダ学術講座
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
安心ガイド
厳選サプリメント通販