コラーゲン

見違えるような柔軟さとハリを与える、アンチエイジングなカラダ作り実現素材

コラーゲンの効果・効能

  • カラダ組織細胞強化
  • 美容、美肌効果(肌の弾力、はり、つや)
  • 骨、関節の健康維持

コラーゲンの偉力(詳細は下記を確認下さい)

コラーゲンの特長・作用

  • コラーゲンは細胞の繋ぎ役、カラダの至る場所でハリや弾力を保つ役割
  • 骨、軟骨を再生、強化。血管組織の柔軟性効果に作用する臨床結果あり
  • 体内コラーゲンの40%は皮膚に含まれ、美肌作りに欠かせない組織成分
  • コラーゲン入替サイクルが鍵。古いコラーゲンは紫外線に弱くトラブルの元
  • 35歳をピークに1日2〜5gずつ減少するコラーゲン、その補給は女性必須
コラーゲン
●はり、つやの素となる、コラーゲン
電話でのお問合せは 0120-33-9799

▽▽▽「コラーゲン」の効能効果を知りたい方は、以下をお読みください▽▽▽

「コラーゲンの選び方」へ

コラーゲンってそもそも何?

「コラーゲン摂らなくちゃ!」ちょっと特別な食事の時、メニューにフカヒレが載っているのを見てそうつぶやいてしまう人もいるのではないでしょうか。

コラーゲンとは、体内にあるたんぱく質の約3分の1を占める成分で、そのうちの40%が皮膚に含まれ、私たちの肌を構成してくれる重要な成分のひとつですから特に女性からは「美肌の味方」と考えられているのは当然のことといえるでしょう。いわゆる「お肌のハリや弾力性」は、このコラーゲンがうるおいを保ちながら細胞と細胞をきちんとつないでくれるからこそということができます。

コラーゲンは、骨、軟骨、歯、内臓、血管、目の網膜など、カラダのほとんどの部分でも細胞と細胞の間にいて、その隙間を埋めるように存在し細胞同士を優しく結合させる働きをしてくれています。コラーゲンが間に入って頑張ってくれているおかげで、私達のカラダ組織にも弾力性やハリを保つ事ができ、それぞれがきちんと機能できる状態を作っているということになります。

カラダの色々な組織細胞のしなやかな強さを保つ効果をもたらしてくれている成分という意味では、女性に限らず男性にとっても非常に大事な成分ということができます。

「コラーゲン」トップへ

「コラーゲンの選び方」へ

コラーゲンはどんな風にカラダの中で働くの?

「カラダ細胞の優しい繋ぎ役」コラーゲンは実にカラダの様々な部分で働いてくれていますから、人体に対する作用について数々の臨床試験結果が発表されています。

例えば関節炎の患者さんにコラーゲンを投与すると、骨や関節、軟骨組織の再生や強化に作用し、実際に関節炎、膝、股の関節痛緩和に効果が見られた実績データが報告されています。加えて、カラダの骨が壊れていく状態を抑制するなどの実績データもある事から、今では骨粗鬆症予防にも効果ありと期待が寄せられています。

お肌について言えば、1999年の磯子中央病院臨床試験によると、コラーゲンペプチドを主原料としたサプリメントを成人女性に2ヶ月間投与したところ、肌のシミ、べたつき、吹き出物、潤い、肌荒れ等それぞれのお肌に対する悩みに改善が見られたという結果が報告されています。

この臨床試験では、お肌への効果以外にも、コラーゲンが血管組織の柔軟性強化に作用したことから、被験者の血行不良に改善が見られ冷え性までも改善したという実感がある等、女性特有の悩みに対する嬉しい効果も報告されています。

「コラーゲン」トップへ

「コラーゲンの選び方」へ

あなたのコラーゲンは大丈夫?

コラーゲンはもともと自分達のカラダの中で作られるものです。新しく作られたコラーゲンは古くなったコラーゲンと入れ替わってお肌やカラダの組織細胞に弾力性やハリを与えてその元気を保ってくれています。

例えば子供のお肌が羨ましいほどキレイなのは、コラーゲン生成が活発で、入替サイクルがスムーズに回っているからなのですが、不規則な食生活やストレス等が原因でこの入替サイクルが働きにくくなると、お肌に残った古いコラーゲンは紫外線などの影響を受けやすく、また柔軟性にも乏しくなってしまうので、シミ、シワ、かさつき等の原因になってしまいます。

また我々のコラーゲン生成能力は年齢と共に減少していきます。特に35歳前後をピークに急激に衰え、この頃から1日に2〜5gほどのコラーゲンが毎日カラダから減少していくと言われています。鏡をのぞいた時、「なんとなく前と違う…」とつぶやいてしまうのは、コラーゲン補充が必要なステージに到達したサインなのかもしれません。

カラダから減っていくコラーゲンをきちんと補充し、新旧入替サイクルを維持していくことが「美肌を再生」する一つの方法と言われるのはこういう理由からなのです。

「コラーゲン」トップへ

コラーゲンの選び方

年齢によって減少傾向を迎えた時、「私のコラーゲンはまだ大丈夫?」と心配になったり、大事なイベントを控えて「もっと十分に補給しておきたい!」とつい欲張りになってしまいがちなコラーゲンですが、食べ物から効率よく摂るにはなかなか難しいという特徴があります。

コラーゲンは動物のカラダの組織細胞には必須ですから、理論的には牛、豚、鶏、魚のカラダにも存在しています。ただ人間の細胞の隙間に速やかに入り込んで仕事をしてもらう為には人間の細胞組成にあった有効な形、大きさに変える事がされていなければ、せっかく摂り入れても吸収されずに終わってしまいます。

また牛から精製されるコラーゲン原料は、狂牛病など最近ではその安全性に問題が投げかけられていますから、安全で吸収の良いコラーゲン原料を選択することは早く補給したいと考える私たちにとって非常に大事なことになります。

技術の進化により、動物性コラーゲン(牛、豚、鳥)ではなく、海洋性コラーゲン(魚の皮、ウロコ)の抽出が可能となり、選択肢の一つとして挙げられることができます。人の身体への吸収率が高く、安全性に優れ、臭いもほとんど気にならないため、大きな注目を集めています。
特に、魚のウロコではなく、魚の皮から抽出したフィッシュコラーゲンが、最も人間の身体への吸収率が高いとされているため、選ぶ際の大切なポイントになります。

また、コラーゲンは数多くの製品が市場に出回っているため、特に注目するべきポイントは、「品質」と言えます。素材の原産地が不明確な製品、原材料の中身が曖昧な製品、不要な添加物が大量に加えられている製品は、避けるのが賢明でしょう。

コラーゲンの他にサポート素材として、女性に不足しがちな成分やふしぶしの健康維持に貢献する成分が加えられている製品(ヒアルロン酸や、カルシウムなど)も多く存在しますが、それらサポート成分の品質についてもきちんと明示されている製品がお奨めです。

  • 厳選サプリメント通販

カラダ学術講座
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
安心ガイド
厳選サプリメント通販