バレリアン

副作用のない自然の睡眠薬(ナチュラルトランキライザー)

バレリアンの効果・効能

  • 鎮静効果
  • 自然に穏やかな眠りへと誘導(不眠症)

バレリアンの偉力(詳細は下記を確認下さい)

バレリアンの特長/不眠症に対する作用

  • バレリアンは、ドイツでは西洋ハーブとして医療の現場にて処方
  • ヨーロッパでナチュラルトランキライザー(自然の睡眠薬)として愛用
  • 脳の神経伝達物質である「GABA」の放出を高め、その働きを助長
  • 天然素材のため睡眠薬に見られるような副作用についての報告なし
バレリアン
●自然の睡眠薬、バレリアン
不眠症・睡眠障害にも
睡眠の質・不眠症に悩まれる方に、薬ではないカラダに優しい対処で、バレリアンが選ばれています。
電話でのお問合せは 0120-33-9799

▽▽▽「バレリアン」の効能効果を知りたい方は、以下をお読みください▽▽▽

「バレリアンの選び方」へ

バレリアン 〜副作用の心配なく良質な眠りに導くハーブ〜

バレリアンとはオミナエシ科、ヨーロッパ原産の植物で、別名西洋カノコソウとも呼ばれて、古代ギリシャの時代から神経の高ぶりを押さえ、深い眠りに導くハーブとして愛用されてきました。日本には江戸時代に「蘭方(オランダ風の)薬」として入ってきたという記録があるほどその歴史は古いようです。

「ナチュラルトランキライザー(自然の睡眠薬)」とも呼ばれ、ドイツでは医療用のハーブとしても認められ、「眠りにつくきっかけ」を穏やかな力で後押しし、副作用や習慣性もなく薬に抵抗があるという人も安心して利用できるということで人気のある素材です。

バレリアンは、薬用として根の部分を使用しますが、乾燥させるとかなり強烈な臭いがします。この臭いのもとが吉草酸(きっそうさん)でこれがバレリアンに含まれる有効成分とされています。この有効成分が脳の神経伝達物質であるGABAの放出を高めその働きを助長し、精神安定作用と睡眠を促進する効果をもたらしてくれます。

例えば軽い不安やストレス、例えば翌日にスピーチがある等、大事なイベントのことを考えて寝付けなくなった時などに使われ即効性を発揮するとされており、日中のストレス緩和にも役立つとされています。

アメリカではメラトニンというサプリメントが睡眠障害に良いとされ、栄養補助食品として小売市場に流通しています。このメラトニンは、アメリカでは牛の脳を原料としている場合が多く、狂牛病の脅威にさらされている現在では服用がためらわれることもあり、最近ではバレリアンを摂取することに切り替えている人もいるようです。そもそも睡眠という自然の生理を、薬や治療といった外的なものの力でなんとかしようというのは、自然の摂理に逆らうようで、多少怖い感じがします。どうしても外的なものに頼らざるを得ない場合は、出来る限り自然の穏やかな力を利用するのが良いと思われます。実際バレリアンについての副作用に関する問題はほとんどありません。

アロマテラピーの世界でもハーブのオイルが鎮静作用をもたらすというものがあります。睡眠障害に関する問題を抱えている方は、快眠を促すアロマオイルを試してみるのもよいかもしれませんが、欧米では日々の生活の中ではサプリメントを使用するのが一般的なようです。

バレリアンに関するご相談窓口:0120−33−9799

  • ★ バレリアンは、医薬品との飲み合わせ等において、注意が必要です。
  • ★ バレリアンが、相応しい方 vs 相応しくない方、はっきり分かれます。
  • ★ 不眠や精神的症状への対処として、症状緩和志向 vs 本質的対処志向で、対応が異なります。
  • ★ バレリアンと一緒に摂るべきハーブサプリメントは、個人&体調により異なります。
  • ⇒ 詳しくは、フリーダイヤルまで、遠慮なくご連絡ください。
    (無料通話:0120−33−9799 平日・土日・祝日 10時−20時受付)

⇒ 鬱(うつ)の症状緩和を図りたい方は、「セントジョーンズワート」の効能効果もご参照ください
⇒ 高頻度の医薬品服用で肝機能悪化を心配な方は、「マリアアザミ」もご参照ください

「バレリアン」トップへ

「バレリアンの選び方」へ

不眠症が続くとどうなる?

厚生労働省が行った睡眠に関する調査によると、睡眠障害に関する問題を抱えて困っている人は19.6%と、現代人の約5人に1人が睡眠障害に関する悩みを抱えていることが分かっています。この中には、寝つきに問題がある、夜中に目が覚めて再び寝付くのが難しい、朝起きても熟睡した感じがしない、など様々な症状があります。理由としては、精神的なストレスから快眠が得られない、出張が多く常に時差ぼけ状態である、仕事の都合で朝と夜が逆転してしまっている、などがあると考えられます。では不眠症が続くと実際にはどうなるのでしょうか?

まず、体力面では、睡眠中に蓄えられるはずのエネルギーを十分に蓄えられないため、当然体力の低下につながります。また、自律神経・ホルモン調整が乱れて免疫力が低下するため、さまざまな不調を引き起こしたり、持病があらわれやすくなる傾向があるので注意が必要です。

精神面では、暗い気持ちや消極的になりがちになるほか、場合によっては片頭痛や吐き気がして食欲がなくなるということもあるようです。不眠は、精神衛生面でも悪影響をおよぼします。

特に女性が気になるのが美容面への影響。皮膚細胞の再生を促す成長ホルモンは、23時から26時の間に放出されると言われています。つまりこの時間帯には、皮膚の新陳代謝が行われているため、この間に睡眠が取られていないと成長ホルモンが分泌しないことから新しい細胞が出来ずに、肌がかさつくなどのトラブルが発生します。

また、「アルコールを飲んでから寝る」という方もいらっしゃいますが、アルコールには中枢神経の抑制作用があり、確かに寝つきをよくすることができます。しかし、脳の眠り(ノンレム睡眠)が増え、カラダの眠り(レム睡眠)が少なくなる弊害があります。

ぐっすり眠れていいように思えますが、睡眠のリズムが乱れて夜中に目が覚めてしまうことも少なくありません。また、毎日飲んでいると、カラダが慣れて寝酒の量が増えないと眠れないということも…。睡眠薬代わりのような飲み方はかえって眠りを浅くしているのです。

⇒ 脳の血流改善による脳の健康維持を図りたい方は、「イチョウ葉」もご参照ください

「バレリアン」トップへ

バレリアンの選び方

不眠解消のためとはいえ、睡眠というカラダの基本生理に逆らうことはカラダにかえって負担をかけてしまうかもしれませんので、より優しいものを選びたいものです。バレリアンは、古くから愛用されている素材だけにその効果や安全性については信頼できるものです。バレリアンを主素材としているサプリメントを選ぶなら、中でも有効成分の効果が損なわれず最大限に生かせるようなフレッシュな加工がなされているものが良いのではないでしょうか。

バレリアンに関するご相談窓口:0120−33−9799

  • ★ バレリアンは、医薬品との飲み合わせ等において、注意が必要です。
  • ★ バレリアンが、相応しい方 vs 相応しくない方、はっきり分かれます。
  • ★ 不眠や精神的症状への対処として、症状緩和志向 vs 本質的対処志向で、対応が異なります。
  • ★ バレリアンと一緒に摂るべきハーブサプリメントは、個人&体調により異なります。
  • ⇒ 詳しくは、フリーダイヤルまで、遠慮なくご連絡ください。
    (無料通話:0120−33−9799 平日・土日・祝日 10時−20時受付)
  • 厳選サプリメント通販

カラダ学術講座
ハーブ・成分の効果効能
症状・病気などから探す
安心ガイド
厳選サプリメント通販