エネルギー・ブースター

コエンザイムQ10の体内における主要な役割は2つあります。いずれも健康にはとても重要なものです。その1つは強力な抗酸化物質(ただし脂溶性)としてです。もう1つは、エネルギー生産の中心的存在としてです。

他の抗酸化物質と異なり、コエンザイムQ10は酸化的リン酸化チェーン(訳注10参照)の1部をも成しているため、生体エネルギー論に関係します。これは真核細胞内の豆の形をした構造、かつ細胞の発電所の働きをするミトコンドリアの中で起こります。摂取する食物からエネルギーを取り出し、それをATP(アデノシン5三リン酸)へ輸送するのはミトコンドリアにおいてなのです。ATPは細胞の最終的な燃料です。そして、コエンザイムQ10は酸化的リン酸化チェーンの心臓なのです。Q10が不足した場合、細胞は充分にATPを生産できません。その意味は、コエンザイムQ10レベルが低下すると、神経細胞の働きも弱くなり、精子の「しっぽ振り」運動も弱まります。筋肉繊維も疲れ易くなります。もっと重要なのは心拍も弱くなる点です。心臓病の専門家にとって重要なのは当然ながらこの点です。

コエンザイムQ10不足の徴候は先ず、疲れ易くなることです。そして、エネルギー不足を感じます。コエンザイムQ10の抗酸化物質としての重要性はこの点なのです。なにしろ、コエンザイムQ10不足は抗酸化性の欠如になり、それはそのまま心臓疾患、ガン、関節炎などのリスク増加に直結するからです。コエンザイムQ10の抗酸化性と生体エネルギーを生み出す力とが組合わさると、身体の免疫機能をより効果的に発揮させることになります。このことはすなわち、コエンザイムQ10の不足は、ただ心臓疾患とエネルギー不足とにつながるだけでなく、感染と戦う力の低下とガンのリスクの増加につながることを意味します。端的に言えば、身体が老化の徴候を示すということになるわけです。

コエンザイムQ10の研究者に言わせれば、老化の徴候はQ10合成能力の低下と直結しているため、老化対策の一部として、コエンザイムQ10の栄養補助食品としての摂取が推奨されるゆえんです。動物実験では、コエンザイムQ10補助食品投与はマウスの寿命を50%は延ばします。人間にも同じように長命化効果があるとすれば、計算上は少なくとも30年か40年の長命化が可能になるはずです。

訳注10、酸化的リン酸化。生体にATP(アデノシン5'三リン酸と呼ばれ生体におけるエネルギー伝達物質として重要な役割を果たす)を供給する主要な反応。

第七章 いま注目の抗酸化物質

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販