もしも、ガン細胞が身体のどこかをうろついているとするなら、多価不飽和脂肪酸の弾丸に酸化剤の組み合わせでガン細胞を吹き飛ばす可能性は高いと言えます。しかし、それだけでは決定的ではないので、第2の防御網の必要性を筆者は述べました。それもガン細胞の成長と転移を抑止するような、成長抑止栄養素を筆者としては提案する次第です。

ガンが発生し成長する場合に、小さいながらもあるサイズになった時に、先ず第1の成長阻害要因に直面します。簡単に言えば酸素が欠乏するのです。そして自分の老廃物で窒息という場面に遭遇します。それ以上に成長するためには血液の供給が不可欠です。つまり、酸素と栄養素を供給し、老廃物を持ち出す新生網細血管を必要とします。この時点で、低酸素レベルとその他の要因とが重なって、新しい毛細血管がガン細胞の方向へ誘導されて作られます。それが出来ると、ガン細胞は再び大きく成長します。ある種の栄養素は、この新生血管の造成を抑止して、ガン細胞を飢えさせることによって、その成長を防ぎます。

第九章 ガンの成長抑止

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販