どの多価不飽和脂肪酸が望ましいか

このテーマは、医師または科学者(研究者)によって意見が異なるところです。すでに述べたように、植物性のオメガ六の抗ガン性はきわめて有望と筆者は考えます。他方、ある動物実験の結果では、魚油から作るオメガ三が腫瘍の成長を阻害したのに対して、高レベルのリノール酸(多価不飽和脂肪酸オメガ六)が全く反対の結果を示したという報告があります。全体としての問題は必ずしも明確にはなっていません。しかし、脂質の専門家によれば、魚油のオメガ三の方が植物性のオメガ六よりも良いと言います。実際オメガ三オイルには、前述のように肺ガン、胃ガン、結腸ガン、膵臓ガンなどの成長を遅らせる実験結果があります。筆者自身の選択では、オメガ三とオメガ六の組み合わせですが、その場合の割合は 2対1の比率にします。この比率は根拠なしに言っているわけではなく、人間の細胞の成り立ちと、人間の母乳がおよそ同じ比率だからです。また、何事も単品よりは複数での摂取の方が好ましい、という筆者自身の考え方に基づくものです。

第九章 どの多価不飽和脂肪酸が望ましいか

クレイトン博士の「英国流医食同源」 〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜(翻訳版)の内容を転載しています。

当コンテンツは、現代人の食生活に関する問題や身体を守る抗酸化物質に関する豊富な研究結果を元に、多くの消費者の誤解の本質を解き、健康な食生活の実践を啓蒙している、論文『クレイトン博士の「英国流医食同源」〜発ガン性物質があふれる現代を賢く生きる〜』の内容を転載しております。

安心ガイド
カラダ学術講座
スポンサー広告
ハーブ・成分の効果効能
厳選サプリメント通販